忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ 役所によるメールアドレス漏れ
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
   役所仕事とは暢気なものである。

自らのミスによる懲戒解雇や『肩たたき』が無いと、

仕事に対して緊迫感がないのだろうか、と疑いたくもなる。

庶民が税金などの滞納となると、条例などを駆使し滞納金も含め差し押さえる。

なのに自ら犯した法律違反と思われることに関しては、

『情報の取り扱いに一層の注意を払うとともに、 手順書を作成し、再発を防止いたします。』だとさ。

要は、今回のミスは闇に葬って曖昧にし、

人員を増やし、ひとりひとりの責任を分散するという事か。

誰一人責任を問わない組織作りに励みます、という事の役所の言い回しにしか聞こえない。

減給、左遷、懲戒解雇が当然の事のようになされる組織なら、こんなミなどしない。

何人もの人のチェックといえば聞こえは良いが、数を増やせばそれだけ真剣さに欠ける。

またどうしても『あのヒトがする事だから間違いない』という変な誤解や遠慮が生じる。

すごく簡単な事である。

一人に責任を持たせ、何かあればそれなりに責任を取らせればいいだけの話。

それが無いのが役所である。

それに今回の事はもっと簡単である。

クリックひとつの怖さを知らな過ぎる。

個人情報のため、とか言い過ぎる傾向のある役所が、率先してばら撒くとは、、、。





   今年4月に市政モニターに応募し、見事当選。

もうすっかり忘れてた。

昨日夕方始めての市役所からの配信。

メールを開いて驚きとともに、怒りが湧いてきた。

モニター全員の『メールアドレス』がこと細かく宛先欄に表示されていた。

考えらない。

仲間内や業務内容によっては、配信方法を区別する。

一斉配信なら『BCC』が当然である。

今回の場合、モニター全員他人であり、素性がわからない。

なのにこんな形で役所に漏らされて、悪用されたら思うと怖い。

役所から一方的に、削除してください、で終わる話ではない。

もしも役所を騙ってこれらのアドレスに、

『役所のミスで氏名 住所を紛失しました。』

『こちらへ再送してください』とでもメールすれば、何人かは騙されるだろう。

りっぱな犯罪の危険性を役所自らばら撒いている。

『役所はミスしないし、ミスがあっても絶対自らの非は認めない』主義が蔓延しているのだろう。

処分が甘かったり、処分自体がなかったら、職務に甘くなるだろう。

こちらから指摘しなかったら、いや指摘したからこそ内々で処置しようとしているのだろうか。

『こちらに配置されて間もないので、、、』とは、職務に対し甘い言い訳だし通用しない。

市政の最前線の人間がこんな思いで良いのだろうか。

また甘くても務まる部署なんでしょうか。

『たまたま運が悪かった』

『初心者だから』

『うるさい奴に見つけられた』位な思いでいて欲しくはないけれど、

何となく今までこの役所と付き合っている限り、今回もうやむやになりそうだ。

本当に『腐り切った組織』としか思えない。

たまたま目に付いただけで、この無様。

役所内部では、どんな恐ろしい事がなされているのかと思うと、恐ろし過ぎます。

見えないところに、本当の怖さが存在しているのだろう。

『公務員でもなろうか』

『知人の縁故で』という意識で入所していたら、即退場していただきたい。

もう自治労が肩で風切っていた時代ではないのですから。

時給1000円に満たない賃金で働いている職場で、一度研修したらいかがでしょうか。

それはそれは、もう色んな面で大変です。

保険も退職金も年金も無い不安定な職場では、ミス=即首が待ってるのですよ。

明日の保障もないのです。

そんな世界で働く人たちの納めた税金で、貴方達は養われているのですから。

決して公僕とまでは言いませんが、庶民に対しもう少し真剣に仕事してみませんか。

だって貴方達は現在も将来も安定し、保証されているのですから。

何の心配も危険な事もなく、

民間の倍以上の人員と待遇で、

一見職務に邁進している風にしか見えるのですから。





PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│

[118] [117] [116] [115] [114] [113]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]