忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ 隣の親子
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


     隣人とのトラブルというのは、大小をとわずこの世には多い。

日本人というのは、いさかいを好まない。

それゆえ黙っている方が、ナメラル事が多い。

対外国だけではない。

当家も遠くに住む所有者に管理物件に関し、クーレームを付けた事がある。

もう5年以上前の事。

それ以前からも色んな面で迷惑を被っている。

それに対し、父が絶えず反対する。

迷惑を被る事を申し出る事が悪い、と思う民族なんだろうか。


   今回隣人との確認すべき事があり電話をするが、一向に出ない。

もう3年以上前に掛けた電話だから、もしやと思いあれこれてを尽くした結果、

使われていないのだとか。

廃線の手続きをしていないのだろうか。

 

   なんで迷惑を被る者があれこれと連絡したり、

日々の燐家の『手入れ』をしなくてはならないのだろうか。

挙句の果てには『迷惑をかけてない』の一点張り。

目が見え、耳が聞こえ、人の痛みがわかれば、

こちらからとやかく言わなくても、理解できると思うのだが、、、。

相当高等教育を受け、大企業に勤めているのだから、、、。

いや見下しているのか、感受性欠如なのか。

うんざりするが、根気負けしたら本当に負けてしまう。

 

   結局、息子も親のする事、手も足も出ないし、わからないとの事。

なんともこの親子、無責任体質そのもの。

イライラすることばかり。

 

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]