忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ 年は取りたくない(--〆)
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |

  年々身体のあちこちが悲鳴をあげてきている。
医師に係る回数も増え、飲む薬の数も増えてきている。

  そんな中、某医院の駐車場での事。
駐車枠の白線は無いものの、過去の駐車した車の轍があり、
皆その轍に合わせて駐車している。
そんな中に一台そんな事もわからぬのか、わかっていてそうするのか、
少しだけ、タイヤの幅分ずれて停めドアから離れようとしている初老の紳士がいた。
その車の前に停車したのたから、気づいてくれる事を期待したが、
何の事かとも思わずに医院の中に吸い込まれて行った。
少しばかりの余裕というか他人への気遣いが有れば、余裕でもう一台停められる。
大病院のように駐車場に余裕など無い。
10台も停められないそんな駐車枠なのに、目が行き届かないのだろうか。
『今時の若いものは、、、』という言葉をよく耳にするが、
年を取るとともにその人たちのほうが、無茶が多いような気がする。
無謀運転の自転車、大声で携帯電話で話ししている60年配の人たち。
市役所や警察官などの『制服組』の信頼失墜。
政治家の幼稚化と無責任体質。

   今時の若い者は、、、と言えるのでしょうか。



PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]