忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ 節電
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |

    福島原発の事故以来、節電キャンペーンが続いている。
言われなくても貧しい庶民、電気代などを事故以前から節約している。
冬場の需要期も乗り切り、夏場の需要期には、
関電管内でも原発稼働しているものがないから、電気のピンチだという。
家庭で節約し、普通に生活しているまわりを見回しても節電ばやりである。
節電に関する電気器具や、その売場のエレベーターも数台に一台は必ず停まっている。
しかしよくよく考えれば、こうした節電キャンペーンをただ垂れ流しているメディア、
特にテレビ業界だけは、わが身だけは別格と考えているのでしょうか。
視聴率や広告収入のために放送しているのだろうが、どう考えてもおかしい。
報道番組にも芸能ネタがあったり、
東京制作の番組はどこもかしこも関西の似た芸人の出演ものばかり。
もう何十年もの前に見飽きたり、聞き飽きたりしてるギャグがいやに多い。
可笑しくも無いのにここぞとばかり笑い過ぎる、へんてこな番組のオンパレード。
またBS、CSなどは、韓国ドラマか、通販番組か過去の番組の再放送ばかり。
ここまで書けば何が言いたいか。
   節電しないと、夏場に危機的な電気不足になると言いながら、
放送を垂れ流しているテレビ業界。
放送を制作する費用や、それを見ようと見まいがただ単に点けているだけの視聴者。
あっさり放送時間を制限したり、放送局の数を減らしてはいかがでしょうか。
御上の意のまま内容をそのまま流すだけだったら、1社でもいいのでは。

  放送しなければ見ない。
放送しなければ、その費用もいらない。
ラジオと違い、製作費がケタ違いに掛かると言いながら、
その割にメリットを見いだせない。
国民に節約を言う前に、自らのまわりを見回して見てはいかがでしょうか。




PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]