忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ 支払期限と不服申し立て
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    法的弱者を相手に支払いを求めてきた市役所。
水道も敷設していないのに、頼みもしないのに下水道を敷設して、分担金を支払え!!!と。
何とも不可解な事なんだが、法律に則り進めており、
水道を敷設していないのは、別組織の事だからわからない、とのいつもの役所の説明。
しかしその支払期日がこの月末。
色々とやり取りしてきたが、いよいよ一週間残すのみ。
色んな規則で縛って、有無も言わせない役所のやり方に、あとは裁判しかないのだろうか。

   便宜的に支払い振込票の裏には『不服申し込み』ができる事は明記してあるが、
こんなの役所の言い逃れである。
今まで何度となく担当者と交渉してきたが、結局この市で生活するには条例に従えとの事。
言外に、『嫌だったら他の町へどうぞ』とも取れ、『個人的には同情します』だとか。
やんわりしてるが、絶対引かない役人言葉。

  その振込票の裏の文字も気に入らない。
どうして表のように『黒字』を使わず『肌色』なんだろうか。
そのうえ用紙の半分しか使っていない。
いかにも読むな!!!と言わんばかりの保険約款を思い出す。
でも保険なら、加入するかどうかはユーザーの選択ができる。
しかし役所の場合は、勝手に敷設して金よこせ!!!なんて、お前らヤクザかと言いたい。
また読めても役所言葉で、なかなか解釈に時間がかかるし、誤解を生じる。
不服も6か月以内とは書いてあるが、具体的にどうするのかは全く不明。
市民センターなどで調べても、こんなの誰もしてないし、
しないだろうという役所独特のやり方なんでしょうか。
要は黙って役所の言う通り払いなさい!!!との事か。
知識も金も無いし、裁判なんて事言い出した日には、
『村八分』になるような日本型田舎社会だから、なおのこと辛い。
だいたい役所が説明会と言いだした時には、
もう弱者は逃げられないようになってるようです。
蛇に睨まれた蛙なんでしょうか。
あがいてもあがいても何ともならない仕組みになってるようです。


   何か妙案はないものか(-。-)y-゜゜゜


 

  
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
不服申し立て
一般住民
記事を読みました。
水道を敷設してなくて、しかも下水道に下水も流していないということならば、負担金の支払いに対して不服申し立てをしてみる価値はあると思います。
申し立ては、不服申立書(任意の様式)に相手の市長名、シアワセユキさんの住所、氏名、印、それに上記のような理由を書いて、負担金を支払う義務はないので不服申し立てします、という文言を書いて、下水道の担当課に提出すればよいと思います。
必要なら相手方から書き方について教示してもらえば良いと思います。
一度試してみてください。
2012/08/26(Sun)23:12:19 編集
Re:不服申し立て
シアワセ ユキ
一般住民さん、お初ですね(^v^)
助言ありがとうございます。
不服申し立てに関しダメ元で確認したところ、
こんな事でとやかく言うのは、年に一件程度のようです。
またそんな事だからひな形もなく、
それ以上に失礼なのは申し立てなどは、ほぼ100%認められないようです。
だって警察官の不祥事を警察官が審議するようなもの。
どうしても身内に甘く、よほどの役所のミスが無い限りは、認められないようです。
  ありがとうございました(^v^)
2012/08/27(Mon) 21:23
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]