忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ 公務員の非効率
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |

   兵庫県西部の中規模の市。

どこにでも有る光景なのか、改めて良く見てみると変である。

役所により多少呼び名の違う部署『環境局』の事です。

最近当家の近所に、ゴミ最終処分地が引っ越してきた。

性格的に穏やかな人種が多い、

いや、お上の為さる事に反対を唱える事が出来ない、

そんな事言い出したら、『赤扱い』されるダメな地域である。

そんな地域の一角に、その施設が出来て、

その土地が県からの払い下げだとかで、

ロクに土地に関し、検査もしないものだから、

関連施設でガス爆発が起こったりもしている。

当市のゴミ搬送は市全域を2分割して、東部は市の職員。

当家のある西部地域は市の委託業者が担当している。

今までこのゴミの搬送は、運転手も含め2名が当り前と思っていた。

疑いもしていなかった。

ひとりが運転し、助手席の者が後部に回ってゴミを積み込む。

何十年も見て来た光景である。

それが、当家の近所に処分地が引っ越しして来て気付いたこと。

なんとゴミ処理車に3人も狭苦しそうに乗っているのである。

えっっ!!!!

ゴミを積み込むのに、2人もいるの。

ゴミの多い地区なら、運転手も車から降りて作業をしている。

正しく役所と民間の違い。

役所では、運転手は運転しかしてはならないのだろう。

または自分の仕事以外は我関せずの姿勢なんだろうか。

市内の東部でゴミを積み込み、

30分もかけて市の西部まで狭い車内に居る事に、

何の疑問も感じないのだろうか。

同じ仕事を2人でこなしている民間委託業者。

同じ仕事を3人もかけてしか出来ない公務員。

おそらく待遇も雲泥の差があり、

退職後のその差は開くばかりだろう。

2人で出来る仕事を、なぜ3人もかけてするのだろう。

全ての公務員に言える事は、

はっきり言って税金で仕事している気が有れば、

こんな市民の目に着く仕事でさえこの調子だと、

市民の目の届かない所では何をしているかわかない。

そんな不信感を持たれない仕事ぶりで有ればいいのだけれど、

今まで事あるたびに、非効率で役所仕事ばかり目に付くのは、

そういう目で見ているだけではないと思う。

それだけ『役所仕事』が万延しているのだろう。


PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[91] [90] [89] [87] [88] [86] [85] [84] [83] [82] [81]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]