忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ 海上保安官確保に関して
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |

   尖閣ビデオ流出事件で、海上保安官の身柄が確保されている。

逮捕も時間の問題のような、仙石官房長官の答弁。

自らの身を守るような今回の政府の要職の彼らに比べ、

死と向き合って国境を守っている彼らの苛立ちの一環を、

垣間見る今回の事件。

本当に裁かれなければならないのは、日本国の国民生命を守ろうとせず、

絶えず海外の目ばかり気にして何もしようとしない、

何も言う根性も無い政府の人間たち。

今回の流出で、日本の管理能力や危機管理など、

世界に信用を無くしたことで、法整備を急ぐという。

何たる無知なんでょうね。

そもそも自らの『不作為の作為』が、今回の流出の遠因の一つなのに、

保安官が法の裁きを受けるべきだとか、

法律を強化するなんて愚の骨頂である。

あのビデオが流失する前に、国家として粛々としてするべき事が有ったはず。

あのビデオの内容を見る限り、誰の目にも違法なことをしているのは漁船だとわかる。

それを公表して、国家間の問題になるというのであれば、問題にすればいい。

世界に向けて堂々と公表して、世界の意見を訊けばいい。

流出に関し、相手国の中国は荒立てた声明も無い。

都合が悪いのだろう。

尖閣諸島で何が有ったのか、国家として堂々と公表していれば今回の流出事件も無い。

今回の保安官もこんな事せずに済んだだろう。

そういう意味でも、国家の『不作為の作為』による被害者の一人なのかもしない。

また日本国として、国民にこんなことをさせなければならないほど、

国民の真意もわからない政治家こそ、本来糾弾されなければならない。

確かに国家公務員として、法をやぶったのかもしれない。

しかし、政治家として、他国の言いなりになったり、

こんな事言ったら嫌われるから、言うのよそうというのでは、

この国の国民としては安心して生活できない。

数年前まで、アメリカ合衆国の51番目の州と揶揄され、

今や中国の自治区のひとつではないかと思える弱腰というか、

全くやる気なしとしか見えない。

いや当事者能力が無いのかもしれない。

機密とまでいえないビデオを公開したからといって法を強化するより、

中国漁船の船長を、おめおめと返すなんて、

国家の恥だし、政治家としてのプライドも意地もないのでしょうか。

そもそも自ら播いた政府の判断ミスを、

国家として一個人の『内部告発』を犯罪とし、法整備を急ぐ今の政府。

何か危険な意思を感じます。

政権与党になるまでは、情報公開を叫んでいた民主党。

いざ政権政党になると、機密事項と言えない事まで、機密扱いにし、

漏れると法整備を急ぐ。

そんな事をするのは、よほど自らの身を守る事が大事なんでしょうか。

守るものは政治家自らでは無く、国民の生活です。

政治家とは、国家国民の財産生命を守るべく奔走する者しかなってはいけないと思います。

道路やダムを造ったと言って、ふんぞり返っている政治家は要りません。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [75] [74] [73]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]