忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


   『アナログ放送終了まであと23日』の何の遠慮もない、

視聴者をバカにしたような大きな文字が掲示された。

耳の遠い老人のただひとつの頼りである字幕スーパーも、

この恥さらしの文字に、完全に隠されている。

これまでも出ていた画面右上の『アナログ』の文字や、

画面下のテロップもはっきり言って放送の邪魔だった。

それなのに今日からのこの文字は、いったいどういう意図なのか。

別にアナログ放送が終わろうと、僕個人は支障はない。

今見ている放送が観るに耐えうるものであれば、すでに買い換えている。

それをいまだにアナログで番組を観ているというのは、

現状で全く支障はない、こうした嫌がらせがなければ。

アナログでも鑑賞に堪える番組しかないし、大きな不満もない。

国家の都合や放送局や家電業界の都合で強制されるのは、

どう考えたっておかしい。

またそもそもなぜデジタルにするのかという説明も聞いたこと無い。

この恥さらしのような『カウントブウン』を、

24日までいやがらせのように見せつけられるのか。

自尊心を傷つけているようにも感じられる。

アナログをまだ観ているの? この文字が嫌だったら買い換えたら?! って。

買い換えようが、そのままでいようが視聴者の勝手だろう。

静かに24日まで何の支障もない状態で観せてくれ。

デジタル普及率100%を目指して、、、と言うくらいなら、

選挙の時の告知にもっと力を入れたらいいのに。

総務省もその媒体の放送局も、力とお金の入れるところを間違っている。

いまだに買い替えないのは、それなりに『考えや事情』があるはず。

それを何だか税金の垂れ流しの見本のように、

『カウントダウン』の文字を表示するのはどういう意図があるのでしょうか。

そしてこの『カウントダウン』の費用も税金なんでしょうか。

こうした費用が有るのなら、庶民に補助してほしい。



   エコ社会とか言いながら、

まだまだ寿命のあるテレビを廃棄処分に誘導する、

いやいやなんだか脅迫するような『カウントダウン』。

『アナログ』という文字だけでも、

アナログを愛する国民の不安をあおっていたのが、

今日から24日に向けてますますヒートアップするのでしょうか。

こうなったら意地でも24日の『アナログ放送終了』の瞬間に、

立ち会って観たくなりました。

そして僕にとって『テレビ』が本当に必要なのか、

デジタルで観るだけの鑑賞に堪える番組があるのか、、、。

今そんな視聴者のひとりが思っているのとは真逆の、

バカ丸出しの番組ばかりがゴールデンタイムに反乱し、

またちやほやされている。

もうテレビの終焉が近いのかも知れない。

節電の意味も込めて、テレビから卒業しようか。



PR
  
      地元では市長選と市議会選が始まった。
市長選では現職以外に3人が立候補している。
おそらく当選するのは現職の強みでほぼ確定。
この市の片田舎で、住んでる人も少なく、
誰が立候補者なのかとの関心も無い。
また立会演説会も今のところもないし、勧誘の電話も皆無の状態。
知らぬ間に決まってしまっている。
土建で潤っている町なのか、そういう関係の市議会議員が多い。
時折何人かの市議会候補の街宣車が煩く、
自己の名前の連呼するだけで通り過ぎている。
はっきり言ってうるさい。
主義主張を訊きたいが、地元選出の候補者がいないし、
他地区の草刈り場になっているこの地区。
『○○地区の皆様には普段からお世話になっております』とか、
『○○地区の皆様のお力で前回同様△△を市議会で活躍させてください』
などと心にもない事をまくし立てている。
うんざりである。
選挙のたびに聞かされる常套のせりふ。
誰でも同じなのかとも思いたくても、
その候補者の違いも現状はわからない。
また立候補者のほとんどが当選してしまう今の選挙選だから、
組織票があり、名の知れた現職や元職が、またまた当選してしまう。


そして『現職の知事』が即刻当選し、『現職の議員』が名を連ねていた。

    (以前の書きかけの記事をアップします。)
 

   
    民主党が揺れている。
いやもともとこの党には『バックボーン(信条)』が、
無い人ばかりなんだろうか。
右往左往しているとしか思えない。
政権交代したときには、世の中が多少は変わり、
少しは住み良い時代になるのでは?と期待した。
松下政経塾出身者が多いという事で、清潔な政治も期待していた。
でも東日本大震災というとてつもない災害が起きたとはいえ、
政治家としての活躍が見えてこない。
政治家というのは『国民の代表』であって、
国家国民が安心安全で人間らしい生活ができるように、
法律を創ったり整備できるただひとつの職種のはずである。
高級なお金を分捕り、高級車の後部座席でふんぞり返ったり、
記者の質問にも『そこのけ、そこのけ大臣様が御通りだい!』という、
いったい何様だという態度の政治家たち。
記者のうしろには、国民の目がある事がわかっていないのだろうか。
そうかと言って、国民が喜ぶようなことばかりする政治家も信用できない。
今国民が政治家に何を期待し、
政治家自ら何を今するのが国家国民のためになるのか、、、と、
いう事を考え実行している政治家がいるのでしょうか。
居たとしてもその存在価値があまりにも小さく、
また国民から評価されていないのでしょう。

   岩手出身の大物政治家の活躍が、メディアからは見えてこない。
政治家としてもかなりの実力者だから、
なんでも出来そうなのに皆目見えない。
それどころか権力闘争に明け暮れているとしか思えない。
まあ次の選挙で落選するだろう、、、と思ってはいるものの、
政治家にしがみ付くその執念と闘志は他の政治家以上だろう。
政治家が本来の政治活動もせず、
選挙活動や権力闘争に明け暮れているようでは、本末転倒である。
こんな政治家のために清き一票を投じたり、
多額の政党交付金を許しているわけではない。
野次を飛ばしたり、居眠りしたり、採決に棄権したり、、、。
サラリーマンだったら、減給や左遷の対象である。
いや今の時代、こんなに『仕事のしない人種の集合体』は、
倒産しているだろう。


   『サラリーマンは気楽な家業だよ~』ではなく、


『政治家たち、あんた達は税金泥棒だよ~』





    最近母が車いすの必要な事態になった。
そんなに事態が急変したわけではないが、
総合スーパーでの買い物時に、歩行が困難である。
ケアーマネージャーに相談し、レンタルする事も可能となった。

  絶えず自家用車に設置し、必要に応じ利用する。
とある郊外大型スーパーでの事。
車いす専用駐車場に停めようとして、その光景に驚いた。
数台確保されているほとんどが満車状態で、残すところ一台という事か。
と思ってたら、前を走っていた3ナンバーの自家用車が停止し、
その専用駐車場へバックで移動始めた。
運転手はいかにも『紳士風』である。
この人もどこかが悪いのだろう。
ああ、それにしても運が無いな~と思ってたら、
なんと助手席の婦人とスタスタと店内に入って行ったのである。
我さえ良く、全く常識も思いやりも無いのだろうか。
数メーター先には、誰でも停められるスペースもある。
よりによって健常者が、何度も繰り返し告知されている『思いやりテープ』を無視できるのであろうか。

『ここのスペースは、車いす専用駐車場です。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。』

今時の若い者は、、、、、、とか、言えたものではない。
地位も名誉も年齢も人の見本となるべき風体の夫婦と見受けられた。
やはり人は外観では判断できないのであろうか。
ましてや『耳の不自由な人』とも思えない。

  

   車いすを使用するようになって気付いた事。
人って優しいですね。
エレベーターでもボタンをずっと押し続けていてくれたり、
至る所で道を譲ってくれたり、、、。
また店員も多少の無理を聞いてくれたり、、、。
日本人もまだまだ捨てたものではないな~と思える事が多い中、
上のような出来事に出くわすと、
人って見かけや教育って関係ないのかな、、、と思いました。

  
   先日の買物での事。
欲しい物を買物籠に入れ精算するために、レジへ並ぶ。
『お待たせしました』との言葉の後は、無言のまま品物のバーコードを当てている。
そのたびごとに『ピー』という音が異常に耳に付く。
それだけなら未だしも、『火を通さない野菜』までも、籠に入れずにテーブルの上に平気で置く。
最初、エッと思いながらも隣のレジでも同様の行動である。
どうやらこのスーパーてはこれが当然であるのか、それとも上司から指導されているのでしょうか。
店舗入り口には、『アルコール消毒』というイメージアップの事をしながらも、
このレジでの行動はいかがなものなのでしょう。
レジのテーブルというのは、案外汚いものだと思っている。
籠が絶えずその上に乗っかり傷まみれであり、また食品の水分のようなもので濡れている。
時々はタオルで拭いてはいる。
でもその籠というのは、買物客というのは時に地面の上に平気で置いている事がある。
その籠どうしが重なり合っているのは仕方ないにしても、
目の前でその籠の底の部分が今まで乗っかっていたテーブルのその場所に、
『火を通さない野菜』を直に置かれたらたまらない。
洗えばいいのでは?とはいっても、気分の問題。
いくら入り口で手をアルコール消毒したって、店員がこの意識ではどうなんでしょうか。
他のチェーンスーパーでは前の人が花の苗ポットを今まで入れていたその籠に、
自分の食品を入れられようとしたので思わず『籠替えて!!!』と叫んでしまった。
幾らなんでもさっきまで苗ポットが入ってた籠に、食料品を入れる感覚は潔癖症では無くても美意識を疑うしかないです。
お金を払って商品を手にする。
ある程度の事は仕方ないですが、あまりにも『現実』を目の当たりにすると、
二度とその店には行きたくはないですね。
日本有数の流通チェーン。
でも大きくなりすぎた故、そこに働く人の意識と質の低下。
それに比べ、地元スーパーの元気な事。
ひとつひとつの商品の金額を読み上げたりしている姿は、すがすがしいです。
品も良いし、値も安い。
安かろう、悪かろうどころか、同じ物が新鮮で2割くらい安い事がある。
大きくなりすぎると値段の高い割には、
こうした庶民の細かい思いまで、気がつかないのかもしれない。


≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]