忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


   また同じ大手流通マーケットでの事。
窓口は違えども、根っこは同じかもと思える事がありました。

 品物を買い、現金で支払いを終わり、店員の口から出た言葉に驚いた。
『さあ、どうぞ』である。
『ありがとうございます』ではないのかと、思っててもその後の言葉も無い。
予期せぬ言葉に返す言葉も無く、その場を立ち去ったものの、
このスーパーの体質は、
ひとりやふたりの例外的な不謹慎な言葉や態度ではないようです。
というのも、『お客様からのご意見』というコーナーに張り出されている内容を読むと、
もっとひどい内容もあるし、その数も夥しい。
ファイルとして綴じたものを見ても、責任者のありきたりのコメントばかり。
中にはパソコンで打ち込んだのだろうか、『定型文』としか思えないものまである。
何も定型文が悪いとは言わないが、その文面がほぼ同じである。
まあ『お客様にご迷惑をおかけし、不快な思いをさせた』事には違いないが、
進展がないのか数は減らないし、同じようなケースにも遭遇する。
ここに張り出された内容に関し、従業員は知っているのだろうか。
知ってて同じような『迷惑と不快な思い』をさせているのだったら、
従業員の質は最低である。
また知らないで、いや知らさないで『お客間担当』だけの仕事として、
張り出しているのだったらこんな事無駄だし、腹立たしい事はない。
こんないい事してます、というパフォーマンスだけなんだろうか。


   そして今日その関連会社よりダイレクトメールが来た。
『お得意様への特別ご招待』となっている。
期日は3月30日。
チラシの中のひとつに興味を持った。
ずいぶん安いが、定価はいくらだろうか、とネット検索。
すると『お得意様価格』よりずっと安い。
各社とも多少の差は有っても、『お得意様価格』より安い。
それも期間限定では無いし、色の限定も無い。


  そもそも全体に高い値段設定しているは、
地元スーパーより賃金も高いから仕方ないのかもしれない。
だったらせめて『価格の上乗せ分だけの満足』を、
お客に味わってもらうにはどうしたらいいのか、
労使ともども考えてほしいものです。

PR
   
     某大手流通マーケットへ行った。

ダイエーが傾いてからは、もっぱらここにしている。

しかし最近どうも『サービス面』で、変だと思う事が有る。

レジを通る時に、係員がその商品の金額を読み上げいてるのである。

その事は中小のスーパーマーケットでは当然過去から行っていることである。

当然ここでもサービスの一環として始めたのであろう。

10数台有るうち読み上げているのは、数人のようである。

会社として行っているのか、単なる個人のスタンドプレーなのか。

たぶん前者だと思い、『お客様のご意見箱』に投書した。

関西の企業として頑張ってほしいし、客としても良い印象で買物を楽しみたい。

   後日張り出された物の中には無く、ファイルに綴じられていた。

いつものごとく『良い意見賜りました、善処します』との内容であった。

他のクレームも似たり寄ったりの内容である。

即組織として行動しているのか、、、と思って、

確認のためレジの様子を見ていたが、以前よりまし程度であった。

誰でも知っている大企業で、担当が違うと対応が違うなんておかしい。

同じ商品が、たいてい同じ金額で買える。

だったら少しでも対応が良い店舗で買いたいし、高かったらなおの事である。

流通大手が、仕入れの関係で『新鮮でない』『高い』『まずい』の上、

『愛想が悪い』『人によって違う』となれば、その店舗からは客は逃げる。

事実『ここでしかない限定品』のみこの店舗で買い、

他の物は地元スーパーで買っている現実をこの大手店舗は知っているのだろうか。

『企業は人』であるし、看板である店員の素質に疑問を感じる最近の出来事である。




   いつものごとく、官庁ネタ。

行きたくなくても、行かなければならない官庁のひとつです。

市民生活していたら、どうしてもこの官庁には世話にならないと生活できない。

だから多少の不満や目に余ることが有っても、

今日は黙っていよう、、、と思って、その扉を開けた。

本来の官庁らしからぬ『ダラ~ンとした』雰囲気。

4つある窓口には一人しかいなく、他の数名はダベッテイル。

来庁者は誰もいない。

時間は10時30分、休憩時間でもあるまい。

そんな雰囲気も嫌だけど、私服にネクタイなしというもの、なんともこの空気感増長させている。

意地悪して、誰もいない席の前に立った。

この『出長所』では、係員が座り、市民が立って事務処理をする事になっている。

何年も、いやここが開設して以来の歴史なんだろうか。

係りの女史が、前に来た。

直感として頼りないと感じた。

概要を説明し、書類をもらった。

こちらの提出書類と、手続きに必要な書類に必要事項を書き込み、

確認後受け付けてもらう訳だが、この市役所の書類が字が小さく、

また『後期高齢者』には全く理解できないであろう内容が書かれていた。

たまたま母親に代わり代理手続きしているのだが、それでも不明個所、疑問個所が発生する。

そのたびごとに、この事をその係り員に尋ねると、

その係り員は後ろでたむろしている一人にその事を確認に行く。

2度までは耐えた。

『お待ちください』 『お待たせしました』の一言も無い。

3度目も何も言わずに、同じ同僚のところまで行き、確認している。

とうとう堪忍袋の糸が切れた。

仏の顔も3度である。

『おい、ちょつと』と大声を張り上げてしまった。

それでも何事かと思い、こちらを見れば、まだ冷静でいられた。

『何しとんや!』

やっとその係り員が戻ってきた。

『あの人呼べや!』

その声に、柱の陰でコソコソ確認していたその係り員か前に立った。

『あんな、わからんもん置いていたって、しょうがないやろ』

『はあ』

『あんたに聴くわ。わかるあんたが最初から対応してくれたらええんや』

『・・・・』

わからないたびごとに、同僚に確認する。

こんな対応だったら、本庁直通電話をこの施設に置いていたほうがよほど効率がいい。

それににんな能無しの係り員が、一般の企業の社員より高級取りだから余計癪に障る。

何度も来庁しているが、『お疲れ様』『御苦労さま』など、

一般社会生活では当たり前の言葉を、この官庁で聴いた事が無い。

たぶん今日も無いだろう。

そう思い、『挨拶くらいしろよ』

あとから出てきた係り員が『してます』と言った。

『この人おはようございますもなかったよ』

と、最初の係り員を見た、返答はなかった。

いつまでもこんな事していても仕方ない。

いつしか、隣の窓口に別の来客がいた。

係り員か高圧的に喋っている。

『なんでわからないのですか』

我が耳を疑った。

市民はわからないから、訪ねているのだるう。

この市の『出長所』と呼ばれるところは、どうもコネで採用されているというのは、本当らしい。

競争原理も何もない。



    こちらから深々と、嫌味を込めて、

『お世話になりました』と頭を下げて、その『出長所』をあとにした。

当然、2名の係り員からは何のあいさつらしき言葉も無かった。



    ここの職員、いや地方公務員というのは首にもならないし、

競争原理も働かない職場って、こうもだらしない世界なんでしょうか。

子供でもできる最低限度のあいさつ。

おはようございます

御苦労さま とか お疲れ様 

などといった社会人一年生の言葉も、自然と出てこない組織って、

やはり市民からすれば、どこか変だし、

挨拶も出来ない者に、仕事ができているのか?と思うほうがおかしいのでしょうか。

いや挨拶などはできなくても、民間以上に仕事している姿を見てみたいものです。

いつ行っても、『もらいあくび』をしそうなこの官庁、どうにかなりませんか。

できることなら、コンビニなど手続きしたいよ~。









   
    案外簡単な事に人間は気がつかない。

いや気付いているのだが、認めようとしないのだろう。

知識も教養も名誉もある人達は、なおさらのようだ。


   震度6くらいでは絶対壊れないと言われていた原発が、

いとも簡単に見事に壊れ、爆発もした。

そして放射性セシウムを撒き散らしているらしい。

絶対安全だと震災後しばらくの間、

大きな顔をしていた原発推進派の御用学者やコメンテーターが、

最近は全く声が小さく、その存在も今はどこへやら。

今こそメディアに出て、真実を説明してほしい。

またメディアもその言動の真意や真偽を確認してほしい。

自分たちの研究、考えは正しいが、資本主義の社会では、

よく言われる企業の採算性、役所の認可、

大学内での出世や補助金などの規制。

そんなしがらみの為、自分たちの考えや研究成果などを、

企業や原発推進役所の都合の良いように、

緩めたり歪めたりしていなかったのでしょうか。

今こそメディアの前で説明してほしい。

過去の多くの『官製過失』に至っては、

役人や政府官僚なんて自らの責任や過失を認めないし、

退職していたり天下っていたりで、

期待するだけ腹立たしくなるだけである。。

せめて大学という良識の府に、一時期でも在籍していた学者の良識を信じたい。

形ある物はいつか廃れる。

こんな事、ど素人にもわかる。

『驕る平家は久しからず』である。

人間の思い上がりは醜い。

こんな時こそ知識教養や地位名誉のある者ほど、

ときに過失や自らの責任を認めてほしい。

『東電と御用学者と経産省などの談合』『原発村の閉鎖性』『未必の故意』などにより、

数多くの国民庶民が犠牲になっている。

資源の無い国、日本。

地震大国日本に世界有数の源発。

しかし人間の手で、最終処理もまともにできなく、

『核のゴミ』をたらいまわしにするようでは、ご都合主義の骨頂である。

またそんなことも含めての採算で、

原発電力が安いと言ってるのだろうか。

自分たちの都合の良い数字だけ積み上げて、

ベストの電気の確保が原発だと、、、言ってませんでしたか。

しかし本当にそうなんだろうか。

原発立地に多額の補助金や法人税、

電力会社からの寄付もあるという。

また今回の震災での補償など考えたら、

とてつもない金額になりそうだ。

原発事故も当初は、天災だから補償しないとも言っていたようだ。

そしてその結論として、原発事故の補償は税金?

原発を停めて他の発電に変えれば電気代が上がるという。

しかし原発事故がいったん起こった場合のほうが、

国家国民の負担が大きくなると、素人目にもわかる。

金銭的なものだけではない。

一つの町が消えるかもしれない事態もある。

通常民間企業だと、危険な事故等に保険をかける。

個人とて同じである。

その保険費用も企業や個人負担である。

危険すぎると、掛け金が高かったり保険をかけられないケースもある。

原発って保険がかけられるケースなんでしょうか。


   原発は絶対安全だと言ってる人ほど、

案外原発から遠い地域にお住まいなのでは?と疑いたくなる。

いつの世も国家と大企業とは縁のない者ほど、犠牲になる。

原発での下請けの人達といっても、現実は日雇い労働者が多数なんでしょう。

また原発から何キロ制限とか言われても、

色んな事情でその地から離れらない人達もいる。

逆にその制限範囲を信じたばかりに、内部被ばくを受けた人達もいる。

全てボンクラ政治家と、その陰でうすら笑いしている官僚と御用学者。

東電に全ての責任を押し付けている原子力保安院。

管理監督責任や道徳的責任など、どこへ行ったの?

なんだか『警察組織』のような事言ってるが、

本来は認可しているのだから、最も管理責任が有るはずである。

警察面している『保安院』って、いらない組織ではないの?



当初『原発の被害は、即影響はありません』などと、のたまわっていた方々、

メディアの前に出てきて、説明する責任があるのではないでしょうか。

各地で放射能汚染が発覚している現在、

東電の事故責任、

政治家の右往左往ている過失責任、

まさか自分が在籍している時にこんな事故しやがって、と思っている官僚たち。

そして政治家のドン、小沢一郎さん。

今こそ活躍の時期だと思いますが、

あなた達に責任は無いと言い切れますか。

直接なくとも、あなた達の先輩たちがしてきたミスや奢りで、

数多くの国民が人知れず、泣き暮れています。

声無き国民の悲痛な気持ち、わかりますか。

節電と言いながらも、

エアコンの効いた部屋で地デジ化といって浮かれていませんか?!




    形ある物は廃れると自ら記していながら、

この国家とテレビ局の陰謀に乗せられた我が身は、

反省する事多しです。


   世の中にはその筋の方や専門分野一徹の方が数多くいらっしゃる。
でもそんな方々もメディアに出ない限りは、日の目を見る事はない。
このブログにも先日記載した事に関しても、かなり細かく専門的に掲載されている。
またウィットに飛んだ内容もあり、内容に引き込まれてしまう。
テレビを観ていてはわからなかった事柄である。
ネットサマサマである。

   デジタル放送全面開始まで、
あと何日、、、にした方が、観ていて気が楽だ。
『アナログ放送終了、、、、』なんて、
脅迫、恐喝、不安感を呷った業者のような組織だとは、
テレビ業界は気がつかないのでしょうか。
まあ、『アナログ世帯』なんて微々たるものだから、
なんとも思っていないのかも知れない。

  大阪スタイル

≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]