忍者ブログ 私の中の微風Ⅱ 『冷静な対応を』って誰に言ってるの!?
身近な怒りを文字に
| Admin | Write | Comment |

  インフルエンザに関して、アソーがだみ声でのたまわっている。
政府広報というのなら、放送局なりの美声の女性に任せればいい。
費用も安くつくし、聴いていて心穏やかになるというもの。
『声美人』といわれる職業もある。
なのに現実は、なんとなく上から目線の言い方。
おまえら、ボンクラ国民は、
政府自民党の言うようにしていたらいいんだよ、と言いたげに聞こえる。
何もバタバタする事もない、と言いながらも相変わらずアソーがまだ出てきてる。
一番『冷静でない』のは政府自民党だし、
国民を『冷静にさせていない』のはこれまた政府自民党だと見ていて思う。

  インフルエンザの国内初の発生地と言われた神戸へ、
多数出勤しているこの西播地区。
当然マスクの効き目など無いに等しいのに、大量発生していない。
冬のインフルエンザのほうがどれだけ大発生しているのか。
また交通事故でどれだけの国民が犠牲になっているのか。
どうもこの国のボンクラ政治家というのは、理解していないのか。
それともボンクラを演じて大量に、
ジミントーの宣伝をしているような気がしてならない。
放送局は100年に一度の不景気で、広告収入が激減している。
その中での『政府広報』はありがたいだろう。
政府が毎日、インフルエンザは大変だと大騒ぎしながら、
かたや税金を使って『冷静な対応を』ってチャンチャラおかしい。
消防署員が火を点けてまわって、『火事に気をつけましょう』と言って消してるような様です。
まあ、そんな事もわからないアソーだから、
いまだに政権にしがみついているのだろう。
それにしても、そんなに首相って魅力のある職なのでしょうか、アソーさん。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43]

Copyright c 私の中の微風Ⅱ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]